出会い系体験

出会い系でエッチ

ikoku
gaikoku

日本在住の外国人に人気の外国人出会いSNS!

アメリカはもちろん韓国や中国を含めたアジアやヨーロッパー、北欧、南米等々の外国人の男性や女性と出会えます。

登録している外国人は、日本在住の外国人がほとんどなので、日本語を話せる外国人が多いです。

留学生や仕事で日本に来ている外国人が多いですね!

今は、ネットですぐに翻訳できたりしますから、やり取りは意外とスムーズに行きますよ。

kei

最近の外国人は、日本人よりネットの出会いに積極的です。

友達や恋人を探していたり、日本語を教えてほしい等々いろんな出会いを求めている外国人の登録が増加中です。

人気の外国人SNS
「異国の人」公式ページ
ikoku


外国人とやりたい

投稿日:

普通の男性なら「外国人とやりたいですか?」と聞かれれば、大抵の人は「イイェスッ!」って答える筈です。

しかし、最近ではグローバル化した社会事情と呼応してか、性の世界も多様化が進み、男性であっても必ずしも外国人女性を性的なターゲットとして認識しない男性の存在が、社会的にも認められるようになってきました。

きっとそうした人達は、外国人となんかデートしたいなんて、これっぽっちも思わないのでしょう。

全く勿体無い話です。こうした例外的な人達を除けば、男性は100%外国人美人が好きです。

そしてデートやエッチをするなら外国人としたいって思っている筈です。

私も若い時にはそう思っていました。

「えっ、それじゃ最近はそうじゃないの?」

実は歳を重ねる毎に、自分にとっての美人外国人の定義が曖昧になってきました。

決して歳を取ったことによる妥協ではなく、自分では嗜好の変化のようなものだと認識しています。

私が女性を性の対象として本気で意識するようになったのは、中学生になった頃ぐらいだったかと思います。

しかしこの頃は可愛い(美人)外国人とデートしたいという感情よりは、むしろエッチやセックスの対象でした。

まだ男性としての精神的な成長が不完全な時期で、女性に対する精神的な欲求よりも、外国人の肉体(セックス)に対する興味が勝っていたからです。

外国人とエッチなセックスしたい

高校生ぐらいになると漸く精神面でも成熟が見られるようになり、美人外国人と一緒に居たい。

外国人とデートして連れて歩きたいといった気持ちが芽生えてきました。この頃の女性に対する私の感情の中には、強い独占欲のようなものがグルグルと渦を巻いていました。

もちろん外国人とエッチはしたいです。

これは人間に限らず、全ての動物に共通した自然の摂理に由来するものだと私は思っています。

即ち、限られた数のメス(美人)を強いオス達が奪い合い、強い子孫を残すことで種を存続させようとするものです。

原始の時代にあっては、強いオスの象徴は体の大きさや腕力だったりしましたが、現代ではその象徴は経済力だったり国籍、ルックス(イケメン)だったりと、当然原始の時代とは異なってはきています。

このように、高校時代から大学生活、そして結婚をして落ち着くまでは、女性に対する精神的な欲求と肉体的な欲求、そしてそれらが満たされないことによるフラストレーションの狭間の中で私はいつも翻弄され、辛く悶々とした生活を余儀なくされてきたのです。

この頃の私の外国人に対する定義は、他の同世代の男性の定義と概ね共通するものでした。

この時期の男性達、即ち繁殖期にあるオス達の美人に対する定義がバラバラだったりすると、先ほど述べた強いオス達による奪い合いの頻度が低下して、弱いオスでも容易に子孫が残せるようになってしまいます。

繁殖期にあるオス達の美人外国人像(美人の定義)は、優れた形質を持った強い子孫を残し、自然淘汰を勝ち抜いていくためには、共通していることが重要なのでしょう。

それでは、繁殖期をとっくの昔に過ぎてしまった最近の私はどうなのかというと、若いころに抱いていた美人外国人像に揺らぎを感じるようになってきました。

よく「ストライクゾーンが広くなった」などと表現されることがありますが、それちはちょっと違っているのです。

もしそれ風に表現するならば「ストライクゾーンが変わってきた」といったところでしょうか。

少し曖昧な表現になりますが、若い頃は「容姿が綺麗=美人」だったのですが、最近では歳を重ねて円熟味を増した女性に魅力を感じるようになってきました。

歳を重ねた女性は、必ずしも容姿が綺麗とは言い難い部分があります。

しかし、そうした女性の内面的な何かに惹かれるようになってきたのです。

知性とか教養といったものでもなく、何ていうのかなぁ。歳を重ねてきた女性が醸し出す精神的な加齢臭とでもいうのでしょうか。

そんなものに引かれて興奮します。

美人外国人とは一体何なのでしょう。

アメリカ人、ヨーロッパ人、アジア人、イスラム系とうとうのいろんな人種の女性が外国にはいます。

それぞれの人種に魅力があります。

私の若い頃からシニアとなった現在に至るまでの私が思っている美人像や美人に対する薀蓄などを若干認めてみましたが、若い頃と今とでは、美人像にはそれなりの乖離が見られます。

今の私が美人と感じることが出来る女性は、若い頃の私にとっては必ずしも美人とはいえません。

また、その時代その時代で美人像は大きく異なります。

例えば、浮世絵の美人画に描かれている女性は、当時の多くの男性達から支持された美人の代表格だった筈です。

しかし現代人の目には決して美人としては映りません。

美人とは、一個人でも年齢によって異なることもあるし、時代が変われば全く別物です。

外国人とやりたいですか?と聞かれたら「私好みの外国人となら是非エッチしたいです。」と答えると良いのかもしれません。

外国人好きにオススメ
↓ ↓ ↓ ↓
外国人出会いSNS
ikoku

-外国人出会い

Copyright© 出会い系体験 , 2018 All Rights Reserved.