出会い系体験

出会い系でエッチ

JKリフレの問題

更新日:

現代のJKビジネスの発端は、2006年頃に東京秋葉原でブームになっていたメイド喫茶に代わるビジネスとして広まってきた「JKリフレ」が誕生した事によるとされております。

このJKリフレは女子高生の制服を着た店員が客に対して簡易マッサージを行うサービスを提供する物で、マッサージの際の密着感を売りにしていた物です。

又、当時JKリフレは風俗店や飲食店の分類に入らない為に許可や届け出は不要とされておりました。

その為18歳未満の女子や本物の女子高生が多く働き、本物の女子高生を売りにしていた店も多数ありました。

18歳未満の女子の雇用は労働基準法で深夜労働や休日労働をしなければ問題は無いとされている為、その違法性についての追求は難しい状況にありました。

その後も「JK撮影会」「JKお散歩」なるビジネスも生まれてきております。

いずれにしてもJKビジネスはその需要(その様なサービスを求める男性)と供給(他のバイトよりお金が稼げる女子構成)が無くならない限りは手を変え品を変え生まれてくると思いますし、取り締まりをする警察とのいたちごっこが続くと考えられます。

この様なJKビジネスにはいくつかの大きな問題があります。

JKビジネスが出会いの温床

一番の大きな問題は、JKビジネスの主役である女子高生が客に対する「性的サービス」やそれに準ずるサービスを行っている点です。

性的な意味合いを含むポーズで写真を撮影できるJK撮影会等は、法に抵触する可能性が極めて高いです。

とにかく法律に違反している可能性は極めて高く、店側は勿論、そこで働く女子高生又はその客にその違法性が問われてきます。

更に問題であると思う事は、店で働いていた女子高生がストーカー被害など何らかの事件に巻き込まれる可能性が高いという点です。

今後もこの様なJKビジネスは様々な形で生まれてくると思います。そして地下ビジネスとして広まって行くと考えますが、国や警察が一体となり根絶させる必要があると考えます。

又、そこで働く女子高生には一時のお金欲しさにその様な店で働く事は止めて欲しと言う思いが強いです。

-管理人コラム

Copyright© 出会い系体験 , 2018 All Rights Reserved.