出会い系体験談

ギャルから人妻・熟女まで!最短エッチ必勝法

熟女出会い系のメールテクニック

更新日:

エロい熟女を出会い系で口説くコツ

基本的に彼女達は、自分は、モテないと思っているので、ハードルは、低いです。

そして、熟女好きも少数派なので、ネットで彼女達を口説くのは、選り好みしなければ簡単です。

①とにかく、数多くメールを送りましょう。

②そして、熟女が好きだということをアピールしましょう。

③エロトークは、メールでは、厳禁です。

④早めにお茶に誘いましょう。出会い系の熟女は、会うことを前提に出会い系に登録しているのです。

⑤会ったら即褒めましょう。なんでもいいので、褒めましょう。彼女達は、あなたに好感を持ちますから。

⑥もし、相手を気に入れば、、後は、気軽にホテルに誘いましょう。「誘うか、誘わないか」まさにこれのみです。

熟女出会いサイト攻略法②&体験談

私のやり方は、とりあえず片っ端からメールを送ります。そこに感情は、ありません。機械的に送ります。

そして、返信があった熟女にもあらかじめ定型文(2つ位質問をする文書)を作っておき、これまた機械的に返信します。

そして、そのメールにも返信があって初めて感情移入です。

出会いサイトで、会えない人は、最初から一生懸命文章を考えてメールを送るので、疲れてしまうんです。

返信が来なければちょっと落ち込んだりしますしね。

その結果、出会えないと言う結論に達するのです。

しかし、私の方法だと、最小の労力で最大の効果が上がります。

まして、相手は、熟女なので、若い女性より格段に成功率は上がります。

43歳のアファフォー熟女もこのやり方でゲットしました。

最初に会うときは、カフェでお茶です。いきなり飲みに誘うより相手もガードが下がるので、会う約束がしやすいです。

そこで、相手の熟女が気に入れば、そのままご飯い誘い、タイプじゃなければ、それっきりです。

いきなり飲みに誘って、タイプじゃなかった場合は、苦痛ですからね!

やっぱり最初は、お茶がベストです。出会い系歴5年で行きついた出会い系体験の結論です。

人に教えたら、急に出会える確率が上がったと言われるので、多分一番効率のいい方法だと思います。

熟女出会いSNS体験談

最近は、お気に入りのアラフォー出会い掲示板で、熟女についてのいろんな情報を収集しています。好きな番組や好きなブランドや有名人等々。

そこで得た情報をもとに出会いサイトで知り合った熟女女性とメールをするのです。

すると上記のような話題をふると結構メールのやり取りが盛り上がるんです。

メールのやり取りが盛り上がれば、会う確率もあがり、エッチもできるという流れです。

やはり、何事も下準備は大切ですね。

当然会ってからも話が盛り上がるので、会話に困ることもありませんからね。

実際に合おうと思っている女性と年齢が10歳以上離れている場合は、その年代の女性の好みを調べた方がいいと思います。

世代間ギャップってものが、ありますからね。

あと、熟女と会った時に意識しているのは、褒めることです。これは女性全般に対してだと思いますが、年齢が上がれば上がる程女性は自信が無くなって行くのでしょう。

それが自分よりと歳下の男と会うならその傾向は強くなると思います。

そこで、褒めて自信をつけさせてあげると、笑顔になりますし、雰囲気もよくなります。

歯の浮くようなセリフでも全然OKです。悪い気はしないので、まんざらでもない感じになります。

そこで、自分のタイプだということを言えば、ベッドイン間違いなしです。

出会い系サイトで熟女と知り合いセフレになった体験談

私は、37歳の独身サラリーマンです。

都内で1人暮らしをしています。4ヶ月前に2年間交際していた彼女と別れてしまい、寂しい生活を過ごしていました。

そこで、女性の肌が恋しくなってしまい、せめて割り切った関係だけでも良いので、女性と交際したいと思うようになり、先月出会い系サイトに登録したのです。

出会い系サイト利用からデートに至るまで

出会い系サイトに登録したときには、年齢はありのままの37歳独身と登録しました。37歳という年齢なら、相手の女性も割り切った気持ちで付き合ってくれると思ったのです。

そして、プロフィールには「恋人と別れたばかりで、寂しい日々を過ごしています。フレンド募集中です」と書きました。

プロフィールに「フレンド募集」という書き方をすれば、真面目な交際を望んでいる女性はメールの段階で私のことを断ると思いましたし、割り切った関係を望む女性なら、私と会ってもいいかなと考えてもらえると思ったのです。

出会い系サイトに登録したあとは、年齢的には私と年齢の近い30代後半から40歳前後の年齢にしぼって、メールを片っ端から送りました。

メールの内容は「いま、寂しくて仕方ありません。割り切った関係で構いませんから、お会いできませんか?」というものでした。

このメールで大半は無視されてしまいますが、ひとりの女性から返信がきました。40歳の独身女性でした。

私は「フレンドを募集中ですが、それでもいいですか?」とメールを送ると、相手の女性からは「割り切った関係は私も望むところです」と返事がきました。

さっそく、渋谷駅前のハチ公前で待ち合わせをしました。若者で溢れかえっていましたが、気楽な関係を前提にしていますので、渋谷の方が良いと思ったのです。

出会ってからの会話

彼女のヘアスタイルは長い黒髪で、身長が170cmあるとメールに書かれていたので、すぐにわかりました。

セーターを着ていて、おっぱいのボリュームが豊かなのがすぐにわかり、私の息子が大きく膨らんできてしまいました。

しかし、いきなり下心を露骨にするのは控えて、お互い「はじめまして」と挨拶し、お互い偽名を名乗りました。

どうせ偽名です。フレンドな関係で本名を名乗るようなことはしません。

そして、道玄坂に向かって歩きながら会話をしました。

彼女が「待ちました?」と聞くので、私は「いや全然」などと無難な会話をして、とりあえずイタリアンのレストランに入りました。そこで、まずはお酒で乾杯しました。

私は、このあとのエッチなプレイを頑張るつもりでいましたから、食欲はあまりありませんでした。

少ししか食べず、お酒も少ししか飲みませんでした。彼女は私の様子をじっと食い入るように見て「あまり食べないんですね」と言って、そのあと「このあと別のものを、たっぷり食べたいから?」とニヤリと笑って言いました。

私はエッチな女だと思いましたが、彼女のおっぱいの膨らみが目の前にありますので、ますます気持ちが昂ってきました。

そして「早く口に入れたいものが、あるんじゃないんですか?」とストレートに聞いてみました。すると彼女は「エッチなんだから」と言って、二人で笑いました。

最終結果

イタリアンのレストランには2時間くらいいて、それから円山町のラブホテル街に向かって最初は手をつないで歩きました。

途中からは彼女は私の腕にしがみついてきて、彼女のおっぱいが肘にあたり、弾力性を感じて、これは期待できるなと思ってしまいました。

ホテルに入ると、彼女にキスしました。そして彼女の舌に私の舌をからめました。彼女はとても上手かったです。

セーターの上から彼女のおっぱいを揉むと、とても大きくて柔らかくて、とてもラッキーな出会いだと思いました。

今日、頑張ればこれからも会ってもらえるだろうと期待感を持ってしまいました。

彼女の服を脱がして、自分も服を脱ぎ、一緒にシャワーを浴びました。

彼女のおっぱいは少し垂れ気味でしたが、年齢の割には張りがあり、おっぱいを洗ってあげると柔らかくて、私の息子はギンギンに勃起してしまいました。

彼女は「すごーい」と言って、私の息子を洗ってくれて、それからフェラをしてくれました。

テクニックはなかなか良くて、発射しそうになりましたが我慢しました。

シャワールームを出るとベッドで彼女を抱きました。おっぱいに顔を埋めて、ぱふぱふしてもらいました。

何度もぱふぱふしました。そして、クンニをすると彼女は声をあげたので、満足させることに成功したようでした。

ベッドではフェラをしてもらわず、そのまま挿入しました。

バックで彼女を突きまくり、背後からおっぱいを揉みしだきました。こんな良いセックスをした出会い系体験は久しぶりでした。

熟女好きにオススメ

熟女交際掲示板
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
sex

-女性を口説くメールテクニック

Copyright© 出会い系体験談 , 2018 All Rights Reserved.