出会い系体験

出会い系でエッチ

管理人やすひこの性病体験談

更新日:

どうも、管理人のやすひこです。

出会い系体験で、不特定多数の女性とエッチしていると性病のリスクもあるわけですが、私は2度しかありません。

厳密に言うと、1度目は尿道炎なんで、性病ではありません。2度目は、クラミジアでした。

でも、クラミジアは、確実に出会い系でエッチした女性からです。

いつも必ずコンドームを付けるのですが、その時はコンドームが破けてしまったのです。

では、詳しく話しますね!

1度目の尿道炎

kanri

ある時、排尿時に尿道に違和感を感じました。トイレで尿を済ませた後、明らかにチクチクとした痛みが出るんです。

最初は、そのうち治るだろうと思っていたんですが、その排尿痛は数日たっても無くなることはなく続きました。

それに時折、パンツに膿のようなものが付いているようにもなりました。

もしかしたらこれは性病かもしれないと思いましたが、それまでの約2週間はエッチもしていませんでしたので、ちょっと原因が分からなかったのです。

こういった場合も性病かもと疑った方が良いのか悩みました。

とりあえず、ネットの性病検査キットで性病検査をしました。

ネットの性病検査を利用した理由は、いきなり泌尿器科に行くのはかなり抵抗があったんです。

ネットの性病検査では、性病は陰性で尿道炎だという事でした。ひとまず安心でした。

ネットの性病検査の会社に「病院に行った方がいいか?」聞いてみると、症状があるんだったら泌尿器科に行った方がいいと言われ、独りで悩んでいても何も解決にならないと、排尿痛を治したくて、会社帰りに泌尿器科に行く事にしたのです。

性病ではないという安心感から泌尿器科にも行きやすい気持ちになってました。

ネットで性病検査したことは、泌尿器科の先生には、言いませんでした。

泌尿器科で先生に排尿の回数や、いつ、どれくらいの痛みが出るかというのを尋ねられ、ひと通り問診の後に行ったのが尿の検査です。

尿をとって、尿の中に白血球が増えているかどうかを見るらしいのです。

少し時間が経ち、その検査結果の後、やはりネットの検査と同じく先生から尿道炎になっていると言われました。

それで尿道炎になった原因を特定させるための、さらに詳しい検査をすることに。

検査結果が出るまでは数日かかるとの事で、尿道炎の原因が分かるのは少し先の事でした。

検査結果が出るまでの数日間は何とも不安な気持ちで過ごしました。

後日、検査結果が出てくるころに再び病院を訪れました。そこで先生に言われたのが、性病の検査結果は全て陰性だったという事。

私の場合は性病から尿道炎が起こったわけではなく、体の抵抗力が落ちていたために一般細菌がなんらかの原因で尿道に入り込み炎症が起きていたのだろうという判断でした。

それから尿道炎を治すために、一般細菌を無くす抗生物質で投与をしばらく続けるということで処方箋を貰いました。

病院で処方された抗生物質はよく効いてくれ、膿が出てくるという症状はすぐに無くなりましたし、排尿痛もすっかり収まりました。

2度目は、クラミジア

kanri

その半年後に再び排尿痛におそわれました。

今度は、前回と少し症状が違いましたし、その数日前に出会い系の女性とエッチをして、挿入中にゴムが破れたので、かなりの確率で性病だろうと思いました。

再びネットの性病検査をしたところ「クラミジア」でした。

排尿痛の他にも黄色っぽい膿も出ていました。

かなりアソコも腫れて、排尿もつらい状態でした。

私は、排尿時にしみるような痛みがあり、とにかくトイレが苦痛で水分を控えていました。

なので、軽い脱水状態にもなっていたかと思われます。

そして、迷うことなく、泌尿器科を受診しました。

抗生剤の内服を1週間程度飲むと、症状はおさまりました。

最近は耐性菌も増えており、薬が効かない場合は注射になると聞いていたので、薬で治って本当に良かったと思います。

というのも、私は恥ずかしながら臆病者で、注射は大の苦手なのです。

泌尿器科の先生によると、性病持ちの女性とエッチをしても必ず感染するものではないようです。

ストレスや肉体的疲労がたまり、免疫力が低下していると感染しやすいようです。

何が原因で排尿痛になっているかは、素人ではわかりにくいと思います。

また、病院に行くことに抵抗を感じる人も少なくないかと思われます。しかし、そのままにしていても自分がしんどいだけだと思います。

私のように、泌尿器科への受信に抵抗がある人は、ネットの性病検査をすることをお勧めします。

もし陰性なら、泌尿器科に行って性病と言われる恥ずかしさから解放されますし、陽性なら腹をくくって泌尿器科に行くしかないと思えるのです。

病院に行けば1週間程度で、あれほど苦労して排尿をしていたのが嘘のように治ることも珍しくはないそうです。ですから、早めに対処した方がいいと思います。

私が利用した病院では、尿検査をして原因を突き止めてくれました。

先生は原因と対処法についてしっかり説明してくれました。おかげで、不安に思うことなく治療をすることが出来ました。

ちなみに、排尿痛の原因としては、他にも前立腺炎、尿道外傷、尿道腫瘍、尿道結石等もあるようです。

知人が経験した原因不明の排尿痛と射精痛

私は、排尿痛に悩んでいた頃、同じ症状の人はいないかと思い、知り合いに連絡を取っていたのですが、ある知人が排尿痛と射精痛を経験していました。

彼は、排尿時に何とも言えない不快な違和感を感じるようでした。痛いというとこまでは、いかないようです。

でも、射精時は、射精の瞬間に痛みが走るようでした。

泌尿器科に行くと、最初は、前立腺炎じゃないかという事で、数週間薬を飲んだようですが、一向に良くならず・・・。

さらに検査をした結果、前立腺炎ではないと言うことに・・・。

それで、ありとあらゆる検査をしたようですが、異常なし!

しかし、検査で異常がなくても症状があるのでかなり不安だったようです。

彼なりにいろいろ調べた結果、自律神経失調症じゃないかと・・・。

彼には、不眠等の他の思い当たる症状もあったようです。

結局、心療内科を受診して半年くらいで症状は無くなったようです。

尿道の痛みにも、いろんな原因がありますね!

-管理人コラム

Copyright© 出会い系体験 , 2018 All Rights Reserved.